脱毛サロンの勧誘を上手く断るための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を上手く断る

勧誘を断る女性
脱毛サロンではカウンセリングを受けることになるので、カウンセリングシートに勧誘しないで欲しいことを記入するのがポイントです。

なぜなら、勧誘された際に勧誘されても困る旨を直接伝えても、スタッフは強く勧誘する傾向があるからです。

そのため、自分の意思を伝えるのが苦手な人であれば、カウンセリングシートに記入することで、勧誘されにくくなります。

けれども、スタッフによっては勧誘を断られたので店の特徴を一切伝えないこともあります。

そのため、当店の気になる点がある場合は、勧誘されるのは困るけど案内は受けたいと記入するのが重要です。

家族に契約する権限があることを強調

脱毛サロンのカウンセリングシートには職業欄があるので、専業主婦やアルバイトと記入することで勧誘を避けやすくなります。

なぜなら、自由に使えるお金が少ないという印象を与えることで、スタッフが強気で勧誘しにくくなるからです。

ちなみに、勧誘されて勢いで契約すると、書類の準備によって時間を取られる形になります。

特に、本来は時間がないのに契約している場合でない人であれば、勧誘に任されるがままに契約するのを避けるのが重要となります。

なので、勧誘されて契約されそうになったら、予定があるのですぐに切り上げないといけないことを主張するのが大切です。

そして、すぐには契約できないことと、自分でなく家族に契約する権限があることを強調することで、脱毛サロンの勧誘を上手く断ることが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*