埋没毛ができる原因となる誤った自己処理と埋没毛の処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
誤った自己処理が原因となる埋没毛は、皮膚の中で毛が成長することによって肌の表面に黒いぶつぶつができることになります。

また、脇や足に出来やすい埋没毛は、放置することで炎症を起こして肌にニキビができることになります。

そのため、埋没毛は毛嚢炎の原因になるだけでなく、埋没毛を毛抜きで抜くことでより埋没毛を悪化させることになります。

その影響によって、肌が炎症を起こして赤いぶつぶつやかさぶたができるので、肌荒れの原因に結びつきます。

さらに、埋没毛は毛嚢炎の原因以外にも、肌に黒ずみとして残る色素沈着の原因にも繋がります。

そのため、埋没毛が出来た状態で毛抜きで自己処理を施すと、埋没毛を悪化させるだけになります。

なぜなら、毛抜きだと毛を抜くだけでなく肌に強い刺激を与えることになるので、肌に負担を掛けるからです。

正しい埋没毛の処理を心がける

また、脱毛ワックスや脱毛テープでの自己処理も毛抜きと同じように、毛を抜く他にも皮膚に強い性格刺激を与えることになります。

なので、埋没毛を処理する際はスクラブでの自己処理を施すのがお勧めとなります。

スクラブであれば、肌を保湿してから行うことで肌に掛ける負担を減らすことができるので、埋没毛を悪化させにくくなります。

けれども、スクラブは肌の油分を取り除くので成分が肌に合わないと肌のトラブルが起こることになります。

その上、スクラブは肌を擦ることになるので、肌をごしごし擦ると肌が炎症を起こします。

埋没毛を処理できる方法となるスクラブでの自己処理は、肌が乾燥した状態で行わないことが正しい埋没毛の処理に繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*