ワキガの原因と脱毛を施すことでワキガを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇にある汗腺となるアポクリン腺から出る汗が主な原因となります。

アポクリン腺の汗は、一般の汗を出すエクリン汗腺と違って水分以外にも脂質やアンモニアを含みます。

さらに、脇には脇毛が存在するので、アポクリン腺の汗が脇毛につきます。

その上、アポクリン腺は脇毛と一体化しているので、アポクリン腺から出る汗の量が増えるとワキガになりやすいだけでなく、臭いを強めます。

また、アポクリン腺は刺激を受けると出る汗の量が増えるので、アポクリン腺が活発化するほどワキガになりやすいです。

特に、毛抜きで脇毛を自己処理すると毛を抜く際にアポクリン腺に刺激を与えるので、ワキガの臭いを強める原因となります。

そのため、ワキガに悩まされずに脇毛を処理する際は、剃刀での自己処理が無難となります。

けれども、肌を保湿して剃っても脇に刺激を与えるので、自己処理を施す回数が多いほどワキガの臭いを強めます。

なので、1日に何度も脇毛の自己処理を剃刀で行わないようにするのが重要です。

脱毛でワキガの臭いを抑制することが可能

ちなみに、脱毛施設で脱毛を施してもらうことで脇毛を生えにくくできるので、ワキガの臭いを抑えることが可能となります。

なぜなら、サロンやクリニックの脱毛は可視光線によって毛根部分を破壊するので、脇の毛穴を引き締めるからです。

ただし、脱毛施設に一度通うだけではワキガの臭いを改善できないので、必然的に何度も通うことになります。

それでも、脱毛施設での脱毛はワキガの臭いを改善できるだけでなく、脇を清潔な状態に導くことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*